院内製剤学 THEORY&PRACTICE

本書では、がん化学療法の副作用や緩和医療に用いられ、エビデンスの確立した院内製剤より12種を選び、その院内製剤調製の端緒、その調整方法、製剤設計の根拠となる物性評価、臨床応用結果を記載した。

編著:東京理科大学薬学部教授 花輪剛久

販売価格 4,104円(税304円)
型番 13959115587

カテゴリーから探す

コンテンツ